モバイルWi-Fi各社を速度・制限・料金・エリア・契約期間で比較

SONY DSC

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXは、どこでもインターネットが使えて便利です。

無線の高速ネットのモバイル・ネットです。

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXを、料金、速度、制限、エリア、ルーターで比較してみます。

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXのおすすめ一覧表

モバイルWi-Fiを50社以上調査して、そのうち厳選し、10数社に絞って結果を表にまとめました。

モバイルWi-Fiのつながりやすさ、月間データ容量の制限、日にちごとの速度制限、利用料金、契約期間縛りで比較しました。

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXおすすめ表

 

プロバイダのサイト 3年間の支払い総額 契約期間、速度制限など

GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX最安値おすすめ

118669円
37100円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

カシモWiMAX

キャッシュバック無しで最安

130368円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

DTI WiMAX2+

3年目から安い長期契約で安い

130430円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

BroadWiMAX

131352円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

BIGLOBE WiMAX 2+

133310円
23000円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

So-net モバイル WiMAX 2+ 145656円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限、2年10カ月~最新機種へ無料変更あり

UQ WiMAX 147008円
13000円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限、WiMAX本家で料金高い。

どんなときもWiFi

2年契約でよければ

完全無制限イチおし!

134760円

2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア一番広い

縛りなしWiFi

縛っちゃうプラン

103600円

3年契約、月間容量無制限、WiMAX3日10GB、SoftBank回線は1日3GBで当日速度制限

1日3GBでいいならほんとの最安値

縛りなしWiFi

122100円

契約期間の縛り無し、月間容量無制限、WiMAX3日10GB、SoftBank回線は1日3GBで当日速度制限

NOZOMI WiFi

128760円

契約期間の縛り無し、100GB容量保証、3日間制限無し

スマモバ

128760円

2年契約、1日3GB制限

 

モバイルWi-Fiの料金表記は、初月から3カ月間くらいが安くて、だんだん高くなる表記ばかりです。

ですから、最初の料金だけでは、安いのか高いのかを比較できません。

そこで、3年間の総支払額で料金を比較しました。

回線契約にあたっては、キャッシュバックが行われている会社もあります。

キャッシュバックの金額も総額から差し引いて、モバイルWi-Fiの料金を比較しました。

料金的なおすすめは、これではっきりします。

WiMAXでは、最安値のGMOとくとくBB WiMAX2+になります。

softbank、au、DoCoMoの回線を自動的に切換えして、一番つながりやすいところを選んでくれるどんなときもWiFiは、つながるエリアがもっとも広くて、月間容量が無制限、3日の速度制限も無いので、非常に人気です。

各社に速度制限や月額容量、料金と一長一短があります。

モバイルWi-Fiは高速無線で、どこでもネットにつながり便利

高速無線のインターネット回線につながる小型ルーターを持ち歩くと、パソコン、スマホ、タブレット、がインターネットにつながります。

家の中ではもちろん、外出時でも全く同じWi-Fi環境を持ち歩けます。

モバイルWi-Fiを利用する人の目的は下記のような感じです。

  • 外でもスマホだけでなくPCやタブレットもバンバン使いたい。
  • スマホのテザリングではメンドクサイ
  • スマホのテザリングでは電池がもたない。
  • スマホのパケット料金を節約したい。
  • 動画とゲームを外でもいっぱいやりたい
  • 固定回線代わりに利用
  • 自宅の光回線工事ができない
  • 無料Wi-Fiスポットを探すのがメンドクさい
  • 無料Wi-Fiスポットはセキュリティのところが怖い

外出先で動画やゲームを利用する人、外でネットにつなげる仕事が多い人、キャンプや海水浴での利用、一人暮らしでの固定回線の代わり、モバイルWi-Fiは、便利です。

モバイルWi-Fiを選ぶ時の条件

モバイルWi-Fiの速度制限、料金の安さ、つながりやすさ、エリア、契約期間、ルーターという点を比較検討して自分にあった条件で選びます。

  • 速度制限
  • つながりやすさ
  • エリア
  • 月額料金
  • 契約期間の縛り
  • ルーター機種

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXの違い

高速無線インターネット回線には、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXと呼ばれているものがあります。

モバイルWi-FiとポケットWi-Fiは、同義語で使っている人が多いと思います。

WiMAXは、モバイルWi-FiとポケットWi-Fiとは、別の無線回線のシステムです。

WiMAXとは

モバイルWi-Fi回線では、速度で一番なのでWiMAX回線です。

WiMAXというのは、無線ネット回線のシステム名のことです。

日本国内では、WiMAXの基地局を設置して運営しているのは、KDDIのUQコミニュケーションズが持っています。

UQ-WiMAXという名称でサービスを販売しています。

その、UQ-WiMAXのWiMAX回線を借りて、販売代理店のプロバイダが多数営業をしています。

もともとのUQ-WiMAX以上に、販売代理店であるWiMAXプロバイダの方が、月額料金、サービス面でお得になっています。

利用者が実際に使う回線は、UQ-WiMAXのWiMAX回線で、同じものです。

ですから、WiMAXの速度制限、契約期間は、各社同じです。

違うのは、月額料金はキャッシュバック金額、サポート面での違いです。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi

高速無線ネット回線には、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiという名称を使う人の方が多いかと思います。

ポケットWi-Fiについては、ソフトバンクの登録商標です。

以前、イーモバイルが販売していた無線インターネット回線の名称でした。

そのまま、いまでは、高速無線インターネット回線の一般名称みたいに扱われています。

WiMAXとの区別も知らない方が多いかもしれません。

また、モバイルWi-Fiについても、ポケットWi-Fiと同義語で使う人も多いです。

一般に使われている呼び方としては、モバイルWi-Fiが多いかと思います。

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiは、スマートフォンの4G LTE回線を使って高速の無線ネット回線を実現しています。

ドコモの回線は、Xiという違った名称を使っています。

4G LTE回線、Xi回線ともに、WiMAXとは、まったく別の回線システムです。

4G LTE回線、Xi回線、WiMAXもゴッチャにして、モバイルWi-Fiと呼ぶことが多くあります。

私たち利用者にとっては、高速の無線インターネットが使えればいいだけですので、条件が良ければ、個々の回線でもいいでしょう。

回線速度としては、WiMAXが440Mbps~1.2Gbpsと非常に高速です。

4G LTE回線、Xi回線は、150Mbps程度になります。

しかし、インターネットを利用するという立場では、体感的には、ほぼ無視してもいいくらいの速度です。

WiMAX、ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fiの速度の違い

WiMAXのベストエフォートでの通信速度表記は、下り440Mbps~1.2Gbpsと非常に高速です。

4G LTE回線などを使うモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiのベストエフォート速度は、150Mbps~70Mbps程度が多くなっています。

  • WiMAX回線→440Mbps~1.2Gbps
  • 4G LTE回線→モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi→150Mbps~700Mbps

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXのエリア

無線ネットがつながるエリアは、WiMAXでは、地方都市や街などで人口密集地は、ほぼつながります

しかし、山間部、海岸線では、エリア外のところが、まだまだ存在しています。

一方、4G LTE、Xi回線の方は、ソフトバンク、au、DoCoMoの大手携帯キャリアの携帯電話の回線なので、山間部や海岸線でもつながる範囲は多くなっています。

WiMAXでは、WiMAXのエリアの不足分を穴埋めするサービスで、KDDI auの4G LTE回線をWiMAXルーターで利用可能にするオプションがあります。

auの4G LTE回線で不足分のエリアを補っています。

  • WiMAX→人口密集地→山間部、海岸線弱い
  • 4G LTE→携帯通信網と同じ→WiMAXよりも広い

WiMAXと4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiのつながりやすさ比較

WiMAXの電波の届かないエリア外での生活がが多い場合は、4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの方が有利です

WiMAXの方が、高速なので、WiMAXを選びたいところですが、基本的に、WiMAXは、人口密集地での暮らしに向いています。

無線でもWiMAXは、光回線並みに高速データ通信が可能ですので、一人暮らしの光回線の代わりになります。

都市部での生活では、固定回線代わりや、回線工事をしたくないという時に利用できます。

一方、WiMAX回線の圏外での生活が多い場合には、4G LTE回線を使っている、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの方がいいでしょう。

契約期間の縛り

WiMAX、4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの契約では、契約期間の縛りが気になります。

料金の割引を毎月する代わりに、2年間~3年間の継続契約をするものです。

契約途中で解約する場合には、違約金、解約金の支払いが義務付けられます。

長期で利用するつもりであれば、契約期間の縛りがあってもお得なので、月額割引の大幅なところを選べばいいでしょう。

一方、短期利用の場合は、契約期間の縛りのないものもありますのでそれらを選ぶ必要があります。

WiMAXとプロバイダ

WiMAXとは、もともと無線ネット通信技術の規格名称です。

KDDIのUQコミュニケーションズが、WiMAXの通信基地を提供しています。

KDDI UQコミュニケーションズの無線ネット回線を代理販売しているのが、プロバイダと言われている会社です。

つまりは、無線ネット通信回線は、KDDIのUQコミュニケーションズと共有しているので、どこのプロバイダで契約を申し込んでも、通信速度、提供エリアは、UQ-WiMAXと同じです。

プロバイダごとでは、月額料金、キャッシュバック金額、サービス面での違いがあります。

各社、特色がありますので、違いを比較しないと自分に適したWiMAXを選ぶことができません。

WiMAXは3年契約が必要

WiMAXの契約は、契約期間の縛りがあって、3年間です。

2年契約も以前にはありましたが、2019年4月、全てのWiMAXプロバイダで募集が終了しました。

現在は、3年契約のみです。

3年契約の縛りがある契約では、途中解約時の違約金があります。

WiMAXの3年縛りのには、4G LTE回線を利用できる月額1000円のオプションが、無料でついてきます。

4G LTE回線を使うと、WiMAX回線の電波が届かない山間部でも、LTEモードにすれば、ネットを使えるようになります。

モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi(4G LTE回線)のプロバイダ

ドコモ、au、softbank、Y!mobileの大手キャリアの携帯通信網を利用しているのが、4G LTE回線のモバイルWi-Fi回線です。

ドコモ、au、softbank、Y!mobileの大手キャリアも直接、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiサービスを販売しています。

大手キャリアの回線を使ったモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiを代理販売しているプロバイダもたくさんあります。

月額料金、キャンペーン、速度制限のないもの、データ通信使い放題など、いろいろな特色をつけて販売をしています。

代理販売をしているプロバイダの方が利用者にとっては安く便利な内容になっています。

4G LTE回線のモバイルWi-Fiの契約期間

WiMAX以外の4G LTE回線のモバイルWi-Fiでは、契約期間については、縛り無しのところと、2年契約があります。

今では、契約期間縛り無しで、高速データ通信の使い放題といったものも登場して、大変人気になっています。

WiMAX、4G LTE回線の通信制限、速度制限比較

WiMAX回線と4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiには、昼休み時や夜間の通信回線の混雑時の対策として、通信制限を実施しています。

1日~3日間での通信量制限、月単位での通信量制限があります。

WiMAX速度制限は実質、使い放題で速度制限無し

WiMAX回線には、月間での制限はありません。

しかし、直近での3日間での10GB制限があります。

WiMAX3日間10GB制限の意味

WiMAX3日間10GB制限の意味は、3日間で10GBの制限ということから、一ヶ月30日として、100GBまでしか利用できないのかと考えがちですが、中身は違います。

直近の3日間で10GBを超えてもデータを制限なく利用できます。

しかし、10GBを超えた翌日18時頃から翌々日2時頃に速度制限がかかるようになっています。

つまり、翌日の速度制限が始まるまでは、データ使い放題です。

20GBを超えても、30GBを超えても使い放題です。

しかも、夜間帯の混雑時の速度制限以外、昼間の時間帯には、制限がありません。

WiMAXの速度制限の中身いついても、YouTubeなどの動画がスムーズに見れる程度の1MBの速度を確保するとしています。

1MBの速度があれば、なんとか普通にネットを使えます。

3日間の速度制限になってしまう10GBのデータ量ということでも、案外出来ることは、多いです。

YouTube動画高画質HD720pで13時間程度は連続してみることができます。

1日にならすと、4時間は大丈夫ということです。

しかも、制限されても1MBで動画がみれるのです。

一般的なネット利用には、問題のない程度です。

WiMAXの3日間10GB速度制限の内容をみて、結論としては、実質使い放題と考えていいと思います。

WiMAXのLTEモードを利用する時の注意点

WiMAXのオプションには、つながるエリアを補う目的で、auの4G LTE回線を使えるLTEオプションがあります。

これには、月間7GB以上の通信をしてしまうと、WiMAX回線も含めて、速度制限が行われます。

この制限がかかってしまうと、月末まで送受信最大128kbpsに制限されてしまいます。

WiMAXの1MBではありません。

128Kbpsの低速回線では、実質的にネットを利用することができません。

WiMAXのLTEオプションを使う時は、月間7GBを超えないようにしなければいけません。

WiMAXルーターでこの辺は設定が可能ですが、この点がWiMAXの不便なところです。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの速度制限

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi系の速度制限は、WiMAXのように同一ではありません。

タイプ別には、下記にようになります。

  • 1日3GB超えると200Kbpsになり翌日0時に回復
  • 3日2GBで制限
  • 3日3GBで制限
  • 月間20GB~100GBまで通信制限なし、3日間の制限なし
  • 完全無制限、しかし、極端な利用の場合には384Kbpsに制限

通常のネット生活では、1日3GB程度のデータ量があれば済みます。

動画やゲームを1日中行う場合や、大量のデータ量のやり取りを仕事で行いたい場合などは、月間でも直近の3日間でも速度制限の無いものを選ぶ必要があります。

完全無制限のモバイルWi-Fiは、どんなときもWiFiになります。

WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの選び方

目的別に、WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの選定基準です。

高速無線インターネット回線へのつながりやすさ、速度制限、月間データ容量、契約期間の縛り、料金、ルーターの機種というところで各社を比較する必要があります。

  • 速度制限
  • つながりやすさ
  • 月間データ容量
  • エリア
  • 月額料金
  • 契約期間の縛り
  • ルーター機種

WiMAXが一番おすすめ

ネットにつながりやすいという点と通信速度では、WiMAX回線が一番です。

WiMAXは、月間のデータ容量は無制限です。

3日間の10GBの縛り規定がありますが、実質的に無制限で使える中身です。

通常の使い方では無視できる範囲です。

気になるのが、WiMAXの3年契約の縛りです。

3年の利用が構わない人なら一番のおすすめは、やはりWiMAXです。

あとは、WiMAXを販売している契約先を料金などの条件で選ぶことです。

料金的なところでは、キャッシュバックを差し引いてますが、業界最安値のところは、GMOとくとくBB WiMAX2+です。

キャッシュバックがなくて、月額料金を安くしているところは、BroadWiMAXカシモWiMAXDTI WiMAX2+あたりです。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiのおすすめプロバイダ

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiでは、つながりやすさ、データ回線速度が速く、月間容量や速度制限の少ないところでは、softbank回線を販売しているプロバイダがおすすめです

現在、契約期間の縛りがなくいところ、月間100GB保証、月間無制限、3日間速度制限無しというサービス内容で各社差別化をしています。

月間のデータ量が100GBもあれば、通常のネット生活では、許容範囲です。

速度制限の縛りを気にしたくない場合は、2年の契約が必要ですが、どんなときもWiFiはおすすめです。

契約期間の縛り以外は、完全無制限です。

ドコモ、au、softbankの大手キャリアの携帯通信網を利用していて、場所によって最適な電波を利用するので、つながりやすく、エリアが一番ひろいモバイルWi-Fiです。 どんなときもWiFiは、おすすめです。

キャッシュバックの注意点

プロバイダ各社は、キャッシュバックをするキャンペーンをいろいろとやってます。

キャッシュバックにいては、特にWiMAXに多く、2万円とか3万円程度の金額を後で払い戻しをするというものです。

キャッシュバックは、お得な感じがしますが、落とし穴があります。

キャッシュバックが実際に行われるのには、だいたい11カ月後にプロバイダからのお知らせメールが来て、その内容にそって、自分で手続きをするという方法がほとんどです。

この自分で手続きを行うという点で、全体の3分の1ほどの人が、手続き忘れをしています。

これが、実態です。

しっかりと、管理ができる人には、キャッシュバックは有効ですが、実態はそうなっていません。

キャッシュバックよりも、単純に月額料金を安くしてもらった方が、いいのですが、キャッシュバック金額を大きく見せて販売促進をする方法をとっているところです。

キャッシュバック金額が大きいところは、実際にトータルでの料金が安いので、どうしても安くしたい場合は、キャッシュバックの手続きをしっかりと管理して、忘れないようにすることです。

キャッシュバックがあって、業界最安値では、WiMAXのGMOとくとくBB WiMAX2+です。

キャッシュバックを実施しなくて、単純に月額料金を安く抑えているところは、BroadWiMAXカシモWiMAXDTI WiMAX2+あたりです。

WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの選定基準

動画を1日中つけっぱなしにしたり、ゲームを長時間しているようなハードユーザーの場合は、固定回線か、まったく縛りのないどんなときもWiFiとうことになります。

一般的には、動画を一日3、4時間程度、通常のネット利のでSNS関連や検索利用のミドルユーザーの使い方では、1日2GB~3GBのデータ量で充分です。

一般的なミドルユーザーの利用範囲では、WiMAXの3日間10GBの縛りは、許容範囲になります。

WiMAXは、3年契約が必要ですので、これを許容するかどうかです。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiでは、契約期間の縛り無し、3日間の縛り無し、月間の速度制限のないデータ容量が100GB程度以上で、または、無制限というものであれば十分です。

この条件でなるべく安く契約できるところを探せばいいでしょう。

モバイルWi-Fiおすすめ表でまとめ

WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiのプロバイダの中から、厳選しておすすめのサービスを選定します。

WiMAXが一番つながりやすくて高速のデータ通信ですので、優先して掲載しています。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiでは、ミドルユーザー的なところで条件的に許容範囲に入るものをまとめました。

 

プロバイダのサイト 3年間の支払い総額 契約期間、速度制限など

GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX最安値おすすめ

118669円
37100円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

カシモWiMAX

キャッシュバック無しで最安

130368円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

DTI WiMAX2+

3年目から安い長期契約で安い

130430円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

BroadWiMAX

131352円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

BIGLOBE WiMAX 2+

133310円
23000円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

So-net モバイル WiMAX 2+ 145656円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限、2年10カ月~最新機種へ無料変更あり

UQ WiMAX 147008円
13000円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限、WiMAX本家で料金高い。

どんなときもWiFi

2年契約でよければ

完全無制限イチおし!

134760円

2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア一番広い

縛りなしWiFi

縛っちゃうプラン

103600円

3年契約、月間容量無制限、WiMAX3日10GB、SoftBank回線は1日3GBで当日速度制限

1日3GBでいいならほんとの最安値

縛りなしWiFi

122100円

契約期間の縛り無し、月間容量無制限、WiMAX3日10GB、SoftBank回線は1日3GBで当日速度制限

NOZOMI WiFi

128760円

契約期間の縛り無し、100GB容量保証、3日間制限無し

スマモバ

128760円

2年契約、1日3GB制限

 

契約期間の縛り無し、速度制限無し、料金が安いという条件が全部そろっている回線は、残念ながらありません。

WiMAX、4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiという高速無線インターネット回線での許容範囲はどこかの考え方で、どの部分を重視するかで選ぶ必要があります。

上記の表では、3年契約が必要ですが、WiMAXの最安値のGMOとくとくBB WiMAX2+は、最安値で人気です。

どんなときもWiFiについては、2年契約がありますが、速度制限では月間でも3日間でも完全無制限ですので、大容量のネット通信を必要とするヘビーユーザーにも、おすすめです。

短期でモバイル回線が必要な場合は、契約期間の縛りのない縛りなしWiFiがベストです。

契約期間の縛りがあってもOKな場合で、とにかくどこよりも安くしたい場合は、モバイルWi-Fiでは、本当の最安値の縛りなしWiFiの縛っちゃうプランのコースが、それに該当します。

各社、一長一短があります。

ユーザーごとでベストなところは、違ってくると思いますのでご参考にしていただければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました