ヒバ油は掃除にも使える!抗菌/除菌/殺菌に・畳や床の拭き掃除

ヒバ油消臭スプレーの材料抗菌・除菌・殺菌

ヒバ油には抗菌・除菌の作用があります。

その作用を利用して、カビの生えやすいところ、カビを防ぎたいところの拭き掃除に利用しましょう。

抗菌・除菌作用があるのは、ヒバ油の中のいくつかの抗菌成分です。

その中でも「ヒノキチオール」の成分が、非常に優れていることがわかっています。

⇒「東北森林管理局の「ヒバの特性」抗菌作用のページ

ものを腐らせる原因になったり、病気の原因になることもあるカビ。

真菌類に対しての強い殺菌作用が認められているので、湿気の多い部屋などで活用してみてください。

ヒバ油の抗菌・除菌作用を利用して掃除

床 フローリング 拭き掃除

ヒバ油そのものを直接使うのではなく、スプレーにして使います。

床や畳に「ヒバ油のスプレー」をシュっと吹きかけて、からぶきするのがおすすめです。

具体的な方法を場所別に紹介しますね。

まずは「ヒバ油スプレー」の作り方から。

ヒバ油スプレーの作り方

ヒバ油消臭スプレーの材料

ヒバ油を使った抗菌・除菌の方法は、ヒバ油のスプレーを利用します。

ヒバ油のスプレーの作り方を、基本の100mlの作り方で紹介します。

ヒバ油スプレー・材料

<ヒバ油スプレー100mlの材料>

  • ヒバ油:数滴
  • 無水エタノール:20ml
  • 精製水:80ml
  • スプレーボトル

(無水エタノールと精製水の割合は基本は1:4 精製水は水でもOK)

ヒバ油消臭スプレーの作り方

<ヒバ油消臭スプレーの作り方>

  1. スプレーボトルに無水エタノールとヒバ油をいれて容器をふる
  2. そこに精製水を加えて容器をふる

以上で完成です!

ヒバ油は水に溶けにくいので、無水エタノールで溶けやすくします。

スプレーボトルは中の液体が混ざりやすいよう、液体容量の1.2倍ほどあると混ぜやすいです。

ヒバ油で和室の畳をふき掃除

遮光性のスプレー瓶でヒバ油スプレーを作った

◆ヒバ油スプレーの液は白い(遮光性の青い瓶に入っている)

和室の畳の掃除には、まず掃除機をかけてほこりを除いておきましょう。

そして固く絞った雑巾を用意し、ヒバ油スプレーを雑巾に2吹きして、畳の目にそってふきます。

畳一枚を目安に、また吹きかけてをくりかえします。

ヒバ油で床(フローリング)をふき掃除

床(フローリング)の掃除も、先に掃除機をかけてほこりを除いておきます。

その後、乾いた雑巾を用意し、床に20~30センチ離して、シューっとふきかけて、雑巾で拭きます。

1mを目安に繰り返しふきかけて、乾いた雑巾んで拭いていきます。

ヒバ油で玄関をふき掃除

玄関は案外湿気の多いところです。

まずドアを開けて、ほうきで砂やほこりをはきだします。

その後床に「ヒバ油スプレー」20~30センチはなして吹きかけ、良く絞った雑巾でふいていきます。

湿気の多そうなところを重点的に

部屋・玄関・窓のどこもそうですが、すみっこや風通しの悪そうなところがあるかと思います。

そうしたカビがはえやすそうなところはどこかな、と考えながら重点的にヒバ油スプレーを使って拭き掃除するとよいですね。

ヒバの木は菌に強いから一番腐りにくい

ヒバの森林

木材は雨にさらされるなどして古くなると腐ってきます。

木材を腐らせるのは白アリ以外に「木材腐敗菌」があり、これらはキノコの仲間の真菌類が中心。

実験によると、ヒバの木は杉・ヒノキに比べて、約2倍の耐久性があります(「東北森林管理局の「ヒバの特性」抗菌作用のページ」)。

そのことから木製の窓枠などの拭き掃除に、また「木材腐敗菌」をよせつけないために、ヒバの精油をしみ込ませるのもよいかも。

拭き掃除の後に香りを楽しむ・まとめ

ヒバ油をスプレーにして抗菌・除菌の作用を目的に利用しましょう。

拭き掃除に使うスプレーは、そんなに濃くありません。

ヒバ油の量はお好みで増やすなど、試してみてくださいね。

ヒバ油の量が増えるほど、噴霧される香りも強くなります。

私は拭き掃除したあと、トイレなら床のタイルに2吹きして、香りを少しのこしておくようにしています。

しばらくは香りが続くので、トイレそのものがほっとするひと時に。

ヒバ材の耐久性はスゴイ!

岩手県の「中尊寺金色堂」は、93%がヒバ材が使われていています。

800年経過した1962年(昭和37年)に復原修理したとき、腐朽の程度が小さいため、ヒバ材の7割以上が再使用された。

と、青森県木材協同組合の記載にありました。

それほどまでに耐久性があるヒバ材、スゴイ!

タイトルとURLをコピーしました