ヒバ油でできる衣類の防虫・虫食い対策!タンスにヒバ油コットンを

ヒバ油コットン ヒバの精油をしみこませたコットンを器に防虫

箪笥の中の大切な衣類に穴があいちゃった!

そんなことのないように、衣類の防虫・虫食い対策をヒバ油で。

ナフタリンなどの化学製品は臭いがきついですね。

ヒバ油なら独特の芳香が、虫をよせつけません。

ヒバ油を使う衣類の防虫・虫食い対策

タンス たんす 箪笥

ヒバ油を使っての衣類の防虫・虫食い対策の方法は簡単です。

ヒバ油の精油を、コットン(木綿)に数滴たらして含ませ、タンスや衣装ケースにいれておくだけ。

タンスにひとつヒバ油コットン

ヒバ油コットン ヒバの精油をしみこませたコットンを器に

◆ヒバ油と器にいれたコットン

コットンは小さなものでOK。

ヒバ油の精油を、コットンに数滴たらして含ませます。

香りがタンス全体広がるように、小さな器にのせてすみに置きます。

⇒これを「ヒバ油コットンとよびますね」

直接衣類につかないように注意してくださいね。

タンスの上の方に吊るすより、下に置いた方が香りが充満しやすいようです。

頻繁に開け閉めすると香りが失われやすいので、香らなくなったらまた数滴ヒバ油を含ませて。

衣装ケースは衣類の上に

衣装ケースに利用する場合も、同じようにコットンにヒバ油を数滴含ませた「ヒバ油コットン」をおきます。

衣装ケースの場合は下におけないので、衣類に付かないように上にのせます。

衣類の虫食いがおこる時期

衣類の防虫にあたって、一年中虫が衣類を食べるわけではないのです。

衣類を食べる虫が活動を始めるのは15度くらいから。

大切な衣類は、温かくなったらクリーニングに出して防虫剤を入れ、密閉して収納すれば保管は万全です。

ただ、いつもそう万全にはいきませんね。

タンスの中、それも奥の方にたたんであったりすると、次のシーズン着ようと思ったときに「穴が!」ということに。

そこでヒバ油の出番です。

気温が15度くらいになるころに、タンスにヒバ油のコットンを入れておきます。

人にはとてもよい香りですが、虫はヒバ油のにおいが嫌いで寄り付かなくなります

どんな衣類が虫に食われやすい?

ウール セーター 帽子 幼児 

衣類をエサにする虫は、カツオブシムシ・イガ・コイガなどの幼虫です。

外にいるはずの虫ですが、干してある衣類に卵を産み付けたり、外出先で服や荷物に着いて家に入ってきます。

そして空気の流れがあまりないところに住み着きます

タンスの中は幼虫のエサとなる衣類があるので、空気がよどんだ奥の方に卵を産みます。

虫が好きな衣類は、ズバリ動物性たんぱく質のもの

ウール(羊毛)やシルク(絹)です。

特に皮脂がついたウールが大好きです。

ヒバ油で衣類の防虫・虫食い対策!まとめ

衣類を食べる虫は、湿度60~80度を好みます。

できるだけ風通しよくし乾燥させておくのも防虫につながります。

寒い季節も虫は苦手ですが、暖房で部屋が暖かいと活躍しだすことも。

タンスの中は風通しをよくして、ヒバ油コットンで衣類を守ってください。

タイトルとURLをコピーしました