モバイルWi-Fiの速度比較、速度制限比較

モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiのインターネット回線の種類にはWiMAX、4G LTE回線を使ったモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiといわれるものがあります。

ポケットWi-Fiは、softbankの登録商標で一つの商品名と言うことになりますが、一般的にはモバイルWi-Fiと同じような呼び名になっています。

ここでは無線の高速インターネット回線についてモバイルWi-Fiと言う呼び方で、それぞれの代表的な回線速度の比較をしてみたいと思います。

モバイルWi-Fiで一番早い回線はWiMAX

回線速度として一番速いのは、WiMAX回線になります。

WiMAXは、KDDIにUQコミュニケーションズが、基地局を設置している独自の無線のインターネット回線です。

WiMAXとは、高速な無線データ通信の規格名です。

WiMAXの回線をUQ-WiMAXという会社が、販売をしています。

UQ-WiMAXの無線インターネット回線を代理販売しているプロバイダーがいろいろあります。

プロバイダのところで、料金を安くしたり、キャッシュバックをつけたりして販売をしています。

WiMAX回線については、どこのプロバイダーから契約をしても、同じWiMAX回線を利用すると言うことになります。

WiMAXの回線スピードは、ルーターにより限界がありますが、現在、最高通信速度を出しているルーターが、758Mbps通信速度誇っています。

758Mbpsと言うのは、光回線のみの非常に高速なインターネット回線となります。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiでは、WiMAX以外には、4G LTE回線を利用したモバイルWi-Fiがあります。

ソフトバンクのポケットWi-Fiでは、最大612Mbpsの速度が出ます。

WiMAXよりは、若干速度が遅い数字になっていますが、体験的には、問題のない十分な数値です。

ドコモのLTE回線では、Xi(クロッシー)回線を利用しています。

ドコモのルーターでは、下り最大速度788Mbpsを表記しています。

それぞれ、各社のスピードは非常に高速の数値を表記しています。

無線のインターネットといえども固定の光回線なみの速度です。

全てこれらは、ベストエフォートの理論値での最大速度です。

ですから、実際には、この数分の1程度の速度になります。

実測では、数十メガバイト程度の速度が出れば十分です。

モバイルWi-Fiのネット回線の場合は、地域差や建物の入り組み具合、室内か屋外かでもだいぶ通信速度が変化いたします。

夜間帯やお昼休みの混雑時には、速度が落ちる傾向にあります。

ベストエフォートでもこれだけの速度標識があり、実際に数10MBの速度が出れば、一人暮らしの固定回線代わりにも活用できます。

モバイルWi-Fiの無線インターネット回線を選ぶ場合は、これらの速度が問題にはなります。

スペック的には、どこの会社でも非常に高速のインターネット回線を利用できるということです。

WiMAXの速度制限について

モバイルWi-Fiについては、各社それぞれ速度制限を設けています。

WiMAXは、月間無制限といっても、直近での3日間で10GBのデータを超えると、翌日の夜間帯だけ速度制限を行います。

10GBを超えた翌日18時頃から翌々日2時頃に速度制限がかかります。

翌日の速度制限が始まるまでは、データ使い放題です。

20GBを超えても、30GBを超えても、50GBを超えても使い放題です。

しかも、夜間帯の混雑時の速度制限以外、昼間の時間帯には、制限がありません。

制限がされても、おおよそ1Mbps程度の速度の制限です。

1MBの速度があれば、なんとか普通にネットを使えます。

3日間の速度制限になってしまう10GBのデータ量ということでも、案外出来ることは、多いです。

YouTube動画高画質HD720pで13時間程度は連続してみることができます。

1日にならすと、4時間は大丈夫ということです。

しかも、制限されても1MBで動画がみれるのです。

一般的なネット利用には、問題のない程度です。

WiMAXの3日間10GB速度制限の内容をみて、結論としては、実質使い放題と考えていいと思います。

大量にデータ量を利用する場合に、通信速度の平等性を確保するために速度制限を設けているということです。

それでも、月間の容量については、無制限で、3日間10GB制限といってもデータ容量的には、実質無制限に近いもので、一般的なネットに利用状況からすると問題のないものです。

4G LTE回線のモバイルWi-Fiの速度制限

4G LTE回線のモバイルWi-Fiの速度制限は、WiMAXのようなパターンと、月単位で5GB、7GB、あるいは無制限などと、各社まちまちです。

WiMAXよりは、速度が落ちるにしても、最近では、月間容量無制限、3日間の速度制限もない完全無制限のサービスも生まれていて大変な人気です。

実際の速度の目安

モバイルWi-Fiの実際の速度は、ルーターごとや、地域や建物の状況、時間帯なので、いろいろ変化はいたします。

しかし、これからモバイルWi-Fiを導入する場合、おおよそでもその実際の速度を知っていれば、選ぶ基準になるでしょう。

WiMAXの通信速度について

モバイルWi-Fiの回線では、WiMAXが1番高速なスペックを持っています。

実測値で言うと通常は30Mbps~100Mbp位は出る状況です。

WiMAXについては他社の4G LTE回線のモバイルWi-Fiに比べてエリアが、多少狭くなっているため弱点はありますが、高速でつながりやすさについては非常に定評があります。

4G LTE回線のモバイルWi-Fiの実測値について。

WiMAX以外のモバイルWi-Fiの速度については実際には10Mbpsから70Mbps程度は出ています。

4G LTE回線は、WiMAXよりも広いエリアを持っています。

もともと大手キャリアの携帯電話回線をそのままインターネットのデータ回線として利用しているので、人口カバー率についてもエリアについても非常に広い範囲を確保しています。

WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの選び方

目的別に、WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiの選定基準です。

高速無線インターネット回線へのつながりやすさ、速度制限、月間データ容量、契約期間の縛り、料金、ルーターの機種というところで各社を比較する必要があります。

  • 速度制限
  • つながりやすさ
  • 月間データ容量
  • エリア
  • 月額料金
  • 契約期間の縛り
  • ルーター機種

動画を1日中つけっぱなしにしたり、ゲームを長時間しているようなハードユーザーの場合は、固定回線か、まったく縛りのないモバイルWi-Fiを選ぶことになります。

一般的には、動画を一日3、4時間程度、通常のネット利のでSNS関連や検索利用のミドルユーザーの使い方では、1日2GB~3GBのデータ量で充分です。

一般的なミドルユーザーの利用範囲では、WiMAXの3日間10GBの縛りは、許容範囲になります。

WiMAXは、3年契約が必要ですので、これを許容するかどうかです。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiでは、契約期間の縛り無し、3日間の縛り無し、月間の速度制限のないデータ容量が100GB程度以上で、または、無制限というものであれば十分です。

この条件でなるべく安く契約できるところを探せばいいでしょう。

モバイルWi-Fiおすすめ

WiMAX、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiのプロバイダの中から、厳選しておすすめのサービスを選定します。

WiMAXが一番つながりやすくて高速のデータ通信ですので、優先して掲載しています。

4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiでは、ミドルユーザー的なところで条件的に許容範囲に入るものをまとめました。

 

プロバイダのサイト 3年間の支払い総額 契約期間、速度制限など

GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX最安値おすすめ

118669円
37100円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

カシモWiMAX

キャッシュバック無しで最安

130368円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

DTI WiMAX2+

3年目から安い長期契約で安い

130430円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

BroadWiMAX

131352円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

@nifty WiMAX

132140円
23100円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

BIGLOBE WiMAX 2+

133310円
23000円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限

So-net モバイル WiMAX 2+ 145656円

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限、2年10カ月~最新機種へ無料変更あり

UQ WiMAX 147008円
13000円キャッシュバック含む

3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限、WiMAX本家で料金高い。

どんなときもWiFi

2年契約でよければ

完全無制限イチおし!

134760円

2年契約、月間容量無制限、3日制限も無し softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア一番広い

縛りなしWiFi

縛っちゃうプラン

103600円

3年契約、月間容量無制限、WiMAX3日10GB、SoftBank回線は1日3GBで当日速度制限

1日3GBでいいならほんとの最安値

縛りなしWiFi

122100円

契約期間の縛り無し、月間容量無制限、WiMAX3日10GB、SoftBank回線は1日3GBで当日速度制限

NOZOMI WiFi

128760円

契約期間の縛り無し、100GB容量保証、3日間制限無し

スマモバ

128760円

2年契約、1日3GB制限

 

表の詳しい説明はこちらです。→モバイルWi-Fi各社を速度・制限・料金・エリア・契約期間で比較

契約期間の縛り無し、速度制限無し、料金が安いという条件が全部そろっている回線は、残念ながらありません。

WiMAX、4G LTE回線のモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiという高速無線インターネット回線での許容範囲はどこかの考え方で、どの部分を重視するかで選ぶ必要があります。

上記の表では、3年契約が必要ですが、WiMAXの最安値のGMOとくとくBB WiMAX2+は、最安値で人気です。

どんなときもWiFiについては、2年契約がありますが、速度制限では月間でも3日間でも完全無制限ですので、大容量のネット通信を必要とするヘビーユーザーにも、おすすめです。

短期でモバイル回線が必要な場合は、契約期間の縛りのない縛りなしWiFiがベストです。

契約期間の縛りがあってもOKな場合で、とにかくどこよりも安くしたい場合は、モバイルWi-Fiでは、本当の最安値の縛りなしWiFiの縛っちゃうプランのコースが、それに該当します。

各社、一長一短があります。

ユーザーごとでベストなところは、違ってくると思いますのでご参考にしていただければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました